ビオダンサとは

ビオダンサとは

ビオダンサ、スペイン語で"生命のダンス"を意味します。

ビオダンサは、"いま、ここ"に生きているという鮮明でしっかりとした感覚を体験する機会を提供することで、私たちの人生を、そして(長い目で見て)人類の進化を、よりよい統合的な方向に促進するために生み出されました。
音楽、ダンス(ムーヴメント)そして、心からの人と人との交流を統合するシステム的な心身アプローチです。
クラスでの生き生きとした体験は、スペイン語で"ヴィヴェンシア(vivencia)"と呼ばれています。

"ヴィヴェンシア"は、私たちの持っている根源的な感情とつながるドアであり、安全な環境で、真実の自己を自然に表現することを手助けしてくれるのです。"ヴィヴェンシア"は生命のオーガニックな運動(生命体が持つリズム、心臓の鼓動、他人とつながりたいという衝動など)に沿って進められていきます。

ビオダンサを継続的に体験していくことで、人生における私たちのアイデンティティの形成能力や、人との結びつきを育てていく能力が強められていくのです。
"ヴィヴェンシア"は、基本的に言葉を使わずになされますが、これは参加者間の社会的・文化的な(ある意味、表面的な)違いに囚われることなく、さまざまな人と心理的に、身体的に、生物的に、より深いレベルでのコミュンケーションをとることに効果があるのです。

ビオダンサは、ウィークリー・クラスや週末ワークショップなどで体験することができます。

いわゆるダンス経験は不要です。
生きていること自体が、すでに細胞レベルからの生命のダンスをしているのですから。



Dance Matis

生命のダンス

ビオダンサ(biodanza)は、生命のリズムや知恵に基づいて作られているシステムです。

"ビオ(bio)"は"生命"を表し、"ダンサ(danza=ダンス)"は、"「感じる」ことからあふれ出る、統合的な動き"を意味します。

ビオダンサは、さらに感情豊かな健康面を自然に伸ばしていくための私たちへの招待状です。

ビオダンサは、40年以上前に、チリの医療人類学者、心理学者であるロランド・トーロ・アラネダによってつくられました。ラテン・アメリカやヨーロッパを中心に発展してきましたが、今はアメリカ、そして日本でもビオダンサの輪が着実に育ってきているところです。



Rolando1 Rolando2 Rolando3

ビオダンサのメカニズム

ヴィヴェンシア

いま、ここで生きている、という体験


音楽と動きによってひきおこされる、「いま、ここで生きている」という体験。 これをヴィヴェンシアと呼んでいます。


ビオダンサのメカニズム図

5つのヴィヴェンシアのライン
私たちが生まれ持った眠っている可能性を引き出すために重要な5つの要素

Vitality
情熱、元気、生き生きさ、内側から湧き上がる力
爆発する生命のエネルギーに繋がる

Sexuality
社会的に抑圧しがちな、自分の男性性・女性性を受け入れる。
心地よさを感じる能力を取り戻す。

Creativity
自分の欲しい人生を自由に創造する。
自分自身を表現する自由を得る。

Affectivity
親密さやさしさ、慈しみを感じ、与え、 人と互いに受け入れあう

Transcendence
自然とのつながり、人類、宇宙、全ての生命との一体感を体験する。


・ビオダンサクラスではどんなことをやるのでしょう?~クラスの流れ~


・持ち物 服装 ご注意点など


・レギュラークラス
→PARC自由学校 参宮橋 with 内田佳子
→ 毎週木曜日 神戸 with 花岡千都子
NEW!毎週日曜昼 北上尾(埼玉)with 五十嵐多香子
NEW!隔週火曜夜 つつじヶ丘 with 中島幸恵
NEW!隔週土曜日 広島 with 宮本玲子 


・週末ワークショップ・ワンデイワークショップ


・スクール





ページトップへ戻るPageTop